ご利用者様の声

挙式司会をさせていただいたお客様の声


都内ホテルにて挙式のお客様より

当日は大変良い思い出となり、楽しいい1日でした。 司会の松田さんの渋い声と優しい気持ちの司会が出席者の方々に伝わり大好評でした。 今日は挙式のDVDと観ています。やはりプロの方の司会は違いますね。 また何かの機会にお会いできたらうれしいです。有難うございました。

松田輝雄からのコメント 喜びのメール有難うございました。またお会いできるのを楽しみにしています。


東京都内 某ホテル結婚式披露宴司会にて

元NHKのアナウンサーの松田輝雄さんに、私たちの結婚披露式の司会をして頂きました。 両親や親戚に良くTVに出ていたアナウンサーを司会に呼ぶ事が出来たなと、知り合いに松田さんをご紹介して頂き、一つ返事で司会をお引き受けしてくれました。 本当に思い出となり素敵な披露宴となりました。とてもお話も面白く、あっという間に緊張の披露宴が終わりました。 本当に一緒の記念と宝物になりました。本当に有難うございました。

松田輝雄からのコメント 私も楽しい結婚披露に参加出来て有難うございました。末永くお幸せに。

講演会等をさせていただいた際のお客様の声


兵庫県立三木山森林にて講演会した幹事様より

「温かい真心を持って伝える」事が必須だという内容を理解できました。 「うまく話す事」とは、「相手の目を見て」「温かい真心で」「声を出す」事だとお話頂きました。

松田輝雄からのコメント 写真と素敵なお手紙有難うございました。


白神山地・ブナの学校の講演会にて

プロはやっぱり違うなあ、というお話です。「白神山地・ブナの学校」という講演会にはプロの司会者がつきました。 松田輝雄さんという、元NHKの方で、顔を見れば「ああ、見たことある」という人です。 今はフリーアナウンサーとして活躍する傍ら、日本野鳥の会理事や樹木医としても活動しているとのこと。 どう違うのかと言うと、以前このブログで「au design project(トラック・バック参照)」という講演会のことを紹介したことがあるのですが、この時の司会は、主催した団体の方で、いわばシロウトでした。 こちらは会が進むにしたがって、「だんだんと」参加者の空気がなじんでいったのに対して、松田さんの場合は、登場してその口からひと言めを発した瞬間に、会場全体を一気にそのモードに「持っていった」のです。 かなりビックリしました。 会場全体の空気をくみ取る能力、それに適したことば(話題・笑い)の提供、インフォメーションの分かり易さ、どれをとっても「ひと味ちがうなあ」と感心させられることばかりでした。 プロはやっぱり違うなあ・・・。

松田輝雄からのコメント ブログをUPして頂きまして、誠に有難うございます。


バロックの森を聞いて頂いた方より

「松田さんの言葉」としてブログにUPされていました。有難うございます。 野山を歩くのが好きです。風にあたり、香りを感じてみて、花や木と話すのが好きです。 そして、耳から音楽が入ってくると、足の動きも変わってしまうのです。愉しさを感じるからです。 そんな、バロックの森に座っていたいし、径を行く人とも語っていたいのです。自然の喜びや、音楽の豊かさを。 どうぞ、話し合う仲間に加わってください。朝、すこし早いのですが、また逢いましょう。

松田輝雄からのコメント 私の放送の言葉をブログにUPしてくれて本当に有難うございました!!またいつかお会いしましょう。


伊勢志摩の自然を学べる総合施設「横山ビジターセンター」様より

NHKアナウンサーで樹木医の松田輝雄さんを講師に迎え、横山周辺を散策する「里山歩き」に続き、阿児アリーナ(阿児町神明)で里山講演会を開催した。 里山歩きには26人が参加。第一展望台、芝生広場、しょうぶ園を歩き、晴天に恵まれた当日は、ヤシャブシウルシ、クスなどの樹木やトビやノスリなどの野鳥を観察した。 特にアオモジが見ごろで参加者は黄色い花で染まる山々を前に感動する場面も。 里山講演会の参加者は40人で、テーマは「樹木医から見た自然の接し方」。松田さんを中心に生垣や樹木、草花などの自然観察の活動を行う生垣感謝団(東京都)や青森県弘前市にある最古のソメイヨシノなどの話題を披露した。 講演の中で松田さんは「自然の仲間でいてほしい。大地をいつまでも守って、守っていく子供たちを育ててください」と話していた。とても楽しい一日となりました。

松田輝雄からのコメント 皆様と一緒に歩き、講演が出来てとても楽しい1日となりました。本当に有難うございました。